エリアルール
エリアルール
会員およびビジターの方々は当会エリアルールを熟読されて、 ルールを遵守し
安全なフライトを心掛けてください。

高照寺山フライトエリアルール


フライト資格

1.1 JHFフライヤー登録証を有する者。若しくは、同等の組織の発給する
登録証を有する者。
1.2 当友の会会員登録を行っている者で所定の会費を納入した者。(ビジ
ターを含む)ビジターを除く会員は会費納入証として各年度の貼票(ス
テッカー)を頭部保護帽の右面に貼付する。
1.3 フライトに関しては、必ず一人以上の介添人を設けること。
単独フライトの禁止(ビジターを含む)
1.4 注意事項
当エリアはフライヤー全員登録制(ビジターを含む)となっております。
必ず登録して下さい。


入山・下山チェック
2.1 登山時にはクラブハウス備え付けの「入山・下山チェック」に必要
事項を記入して下さい。
2.2 下山時には、フライトの有無にかかわらず「入山・下山チェック」に
下山時刻を記入して下さい。
2.3 「入山・下山チェック」は、クラブ員・ビジター用2種類あります。
2.4 ビシターフライト料金は、2000円/日です。
但し、2日以上連続してフライトする場合は、2日目以降1000円
/日になります。
フライトにあたっては、以下の事項をよく確認の上行動して下さい。
(不明な点がありましたら当友の会会員もしくは各スクールに問い合
わせて下さい)


テイクオフ
3.1 テイクオフは禁煙です。
3.2 パラグライダーおよびハンググライダーのセットアップは、セットアッ
プ場内で行なう。
(道路上でセットアップしない。)
3.3 パラグライダーハーネス使用時には、レッグベルト締めわすれ防止
ロープ装着及びテイクオフ前に他人によるチェックを実施する。
ハンググライダーは、フックアウト防止のため他人によるぶら下がり
チェックを行なう。


ランディング
4.1 使用許可済みランディング場は、離陸場(テイクオフ)の掲示板に
示すとおりです。
4.2 使用許可済みランディング場以外にランディングした場合は、各自
の良識に従って
行動して下さい。
また、賠償が発生した場合当人の責任において解決して下さい。
結果を会長に報告して下さい。
4.3 使用許可済みランディング場以外にランディングした場合、備え付
けのアウトラン報告書を提出して下さい。
練習生(C、NP以上は除く)以下は、所属するスクールの検印(含む
サイン)を受け報告書を提出して下さい。
4.4 アウトラン(ディング)した当友の会会員は罰則として当管理エリア内
の便所掃除をすること。(ビジターは除外)

アウトラン(ディング)とは
テイクオフ後継続した飛行をし、使用許可済みランディング以外(玖西
盆地祖生地区高度制限内においてテイクオフを中心に半径5km以内)
に着陸した場合です。
一般的にいうツリーランも含みます。ただし、俗にいう「スタチン」は
除きます。

報告書「様式−1」
4.4 ビジターのアウトラン(ディング)と高度制限違反
罰則金額5000円。


フライト
5.1 VORTAC(ヴォルタック)航空灯台ならびに、他の無線中継所の上空
は飛行禁止です。
特にVORTAC中心から東は〔道路〕、西は南西下にある〔岩〕を円周上
に結ぶ区域上空へは侵入しない、またその周辺には出来るだけ複数
で飛行しない。
5.2 当エリアは、航空機の航路上にあるため、ニアミスの危険があります。
これを回避するため高度規制を設けています。
1) 規制範囲:別紙高度規制図に示す範囲。
2) 規制高度:テイクオフからプラス400m(海抜高度1000m)以下。
ただし、PM1:00よりPM5:00の間は原則として無制限とするが、
規制時間は毎月告知する。

々眦拈限違反(初回より1年間)
イ. 1回目 再発防止を約し厳重注意。
ロ. 2回目 同日より、1カ月間フライト禁止。
ハ. 3回目 当友の会 除籍処分。
5.3 パラグライダー、ハンググライダーA、B、C、NP(練習生)は次の措置
及びフライトを行う。
なお、フライト中、及びランディングでは練習生を優先願います。
1) リボンカラー クラウドベース 黄色。 ラプラプ 赤色。
2) リボン長 80〜100Cm。
3) リボン取付位置 パラグライダーキャノピー真ん中後。ハンググラ
イダーキングポスト。
4) 練習生(A、B)はインストラクターの指導下でフライトする。
5.4 レスキューパラシュートは6ヶ月以内にリパックされていること。
1) リパックされていることを証する符標をグリップ等見えやすいところ
に取り付ける。


クロスカントリーフライト、及びVORTAC等無線中継所
上空の飛行について
6.1 クロスカントリーフライトについてクロスカントリーフライトを行う者は、
JHF及び同等の組織の発給するXP級技能証を有し、上項目に準じて、
おこなって下さい、また、以下の事項を厳守願います。
1) 介添人に高照寺山空域を離れることを通報する。
2) 飛行方向を相互に通報確認した後、フライヤーは空域を離れる事が
できる。
3) T.O(テイクオフ)より南西及び北東方向へのフライト(柳井方向や岩国
 方面)は、同高度規制空域内に属するため注意願います。
 錦帯橋河川敷へのランディングは、観光客の安全を最優先しランディ
 ングする。
 なお、ランディング後は同地観光協会に挨拶する。
4) T.Oより南方向(大島方面)へのフライトに際し、大島本島上空は嵩山
 フライト友の会会則により海抜750m以内のフライトを規定しているの
 で飛行高度に注意して下さい。
6.2 VORTAC等上空飛行について
当エリア北東方面には岩国航空基地(米軍、海上自衛隊)及び広島西
空港が存在し、上空は航空機航路の分岐点となっています。
その航空機援助設備(VORTAC航空灯台等)が高照寺山T/Oの右側
間近にあり、そこを目指して航空機が飛んできます。
また山頂周辺には多数の無線中継アンテナ等があり、ハング・パラ
グライダーがそれらに接近すると、電波障害及び落下物による施設の
破損の恐れがあります。
6.3 旋回方向について
当エリア会員数が増加し、テイクオフ前空域も過密
となってきたため、安全のため旋回方向を指定します。
テイクオフ前(北側:ボルタックの尾根〜南側:ヘアピンカーブの突き
出しまで)
偶数日:右旋回,奇数日:左旋回


事故報告(事故顛末書の提出)
本人、及び第三者の身体財物を毀損した場合、事故後速やかに報告
する。
報告者は本人若しくは目撃者とする。
顛末書「様式−2」

7.1 報告を受けた会長は事故対策委員会を招集する。
7.2 事故対策委員会は、事故概要を調査し事故再発防止の施策を協議
決定し会員に周知を図る。
7.3 報告基準 前出以外での事故報告提出
1) レスキューパラシュートの投擲。
2) フックアウト、レグベルト付け忘れ。
3) 役員及びスクールが必要と判断した場合。


駐車場
8.1  クラブハウス駐車場は、送迎車以外は駐車禁止です。(平日除く)
8.2  駐車は必ず指定場所にお願いします。
1) 東田モータース対岸。
2) パラグライダーランディング場横。
3) テイクオフの駐車は、看板に従う。


その他
9.1 エリア内にゴミ箱はありません。すべてお持ち帰りください。
9.2 エリア内のトイレは、次の4個所です。
1)クラブハウス内。
2)ハンググライダー倉庫横。
3)テイクオフ。
4)パラグライダーランディング場。


以上

改訂経歴
作成 :平成12年1月23日
改訂1 :平成13年5月13日 (3.3 項目追加)
改訂2 :平成14年9月28日 (4.4ビジターアウトラン 2002/9/28 ルール改廃決議あり)
〃 (5.3 練習生のリボン着用 2002/9/28 ルール改廃決議あり)
〃 (7.3 事故報告基準 2002/9/28 ルール改廃決議あり)
改訂3 :平成15年11月 1日 (6.3旋回方向改訂)
改訂4 :平成16年10月12日(2.3 学生を削除)(4.3 アウトラン報告書)
〃      5.3、4 追加 練習生のフライト)
〃  (6.1  錦帯橋河川敷ランディング許可文言追加。改訂日時不明)(7.事故報告の項追加)
改訂4 施行 平成17年1月1日 (4.3、5.3、4.7 項)
改訂5 施行 平成17年11月1日 (1項1.2)
改訂6 施行 平成18年9月10日 (1項1.3)(5項4)(6項1.2)追加


高照寺山スカイセーリング友の会




Copyright(C)2009 Koushouji-san Skysailing Community, All rights reserved.